これから料理を始めようと思っている方向け!包丁の種類や選び方についてご紹介

こちらのサイトは、現在料理を始めたいと考えている人向けの有益な情報をご紹介しています。
調理するときに欠かせない道具は色々なものがあるけれども、食材を切り分けるなどで欠かせない存在が包丁です。
最近は、100円均一のお店などでも買うことができるのですが、切れ味にこだわりたい人や長く使い続けたいなどの場合は本格的な道具が最適です。
ここでは、選び方のコツや初心者におすすめの種類や切れ味が悪くなったときのお手入れの方法やグッズなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

これから料理を始めようと思っている方向け!包丁の種類や選び方についてご紹介

一人暮らしをすることになったとき、日々の食事は外食ではなく自分で作りたいなどのように考える人も多いのではないでしょうか。
包丁は料理に欠かせない道具ですが、一口に包丁といっても色々な種類があるので選び方が分からない人も多いといえます。
三徳は、和包丁の一つで初心者にもおすすめです。
三徳は万能包丁と呼ばれることもある、野菜・肉・魚など様々な食材の下ごしらえやお刺身の切り分けなど色々な用途で活用できるおすすすめの包丁の一つです。

こんなに種類がある!食材によって使い分ける包丁の種類

一言で包丁といっても、びっくりするほどの種類があり、食材によりうまく使い分けたいところです。
切るものにより包丁を変えることによって、料理の仕上がりは格段に違ってきます。
まず最初にあげられるものが菜切りと呼ばれるものですが、これは名前からもわかるように野菜を切るのに特化したものです。
幅が広く刃が薄いので、キャベツの千切り、大根のかつらむきなどにも適していると言えるでしょう。
そして魚をさばく際に使うものが出刃です。
刃の長さが15センチ以上のものが一般的であり、太めで重みのある刃が特徴です。
3枚おろしにする、骨ごとぶつ切りにすることが可能です。
柳刃は細長い形状をしていて、刺身を美しく切る際に使います。
一方向に引くような切り方をするため、他の種類と比べると長く作られています。
ペティナイフは小さなナイフという意味があり、細かい作業に向いています。
野菜や果物の皮むきや、飾り切りなどにも向いていると言えるでしょう。
最後に様々な食材に適しているのが三徳と呼ばれるもので、万能包丁とも呼ばれています。
すべての良いところを合わせたもので料理初心者にもお勧めです。

種類別!包丁の素材の違いや種類と包丁の選び方のポイント

包丁と一口にいっても素材や種類の違いがありますが、用途に合わせて使う為に、違いや選び方のポイントを理解することが大切ではないでしょうか。
素材でいえばステンレスが幅広く採用されていますが、これは水に強くて錆びにくく、頻繁にお手入れをしなくても切れ味が保てるのが理由です。
単にステンレスといっても、純粋な切れ味でいえば鋼に譲る部分も多く、料理人は研いで包丁を使う為に、研ぐことで切れ味が保てるものを好みます。
ダイス鋼は良く切れますが、研ぎやすさについては乏しいので、長く愛用できるかといえば微妙なところです。
一方、青鋼や白鋼は研ぎやすいので、プロの料理人にも愛されていますし、一般家庭にも1つあると便利です。
ただし、調理後に綺麗に汚れを落として水滴を拭き取らないと、温度や湿度などの環境条件次第で簡単に錆びてしまいます。
セラミックは錆に関しては強いものの、研ぎにくくて切れ味を保つのが難しいので、手間を掛けたくないならステンレス、手間暇を掛けて良い状態を保ちたいなら鋼の包丁を検討するのが正解ではないでしょうか。

たくさん種類がある中でなぜ三徳包丁は万能と言われるのか

包丁にはいろいろな種類がありますが、なかでも三徳包丁は家庭に広く普及しています。
万能包丁といわれることもあり、その使いやすさから海外でも使用されています。
昔からある和包丁と比較すると歴史は比較的新しく、導入されたのは戦後の高度経済成長期での食生活の変化が原因です。
それまでは野菜中心の食生活だったため家庭では菜切り包丁が中心でしたが肉を切るときは牛刀、魚を捌くときは出刃を使用するといった使い分けが必要になり、手間がかかるという問題が生じたのです。
その問題を解決するために生まれたのが三徳包丁で、肉や魚を切るときに役立つ鋭い切っ先と体重を乗せることのできる頑丈さ、野菜を大量に刻むときに便利な幅広さと薄い刃といった機能を少しずつ併せ持つのが特徴です。
万能だといわれるのはそのためで三徳という名称は三つの用途を意味しており、様々に使用できるということにちなみます。
両刃のタイプが一般的ですが牛刀と比べると短く幅が広いのが特徴です。

通販サイトで販売されている包丁の種類について

通販サイトではたくさんの包丁を取り扱っており、一般的なお店に比べてたくさんの中から選べるので、自分が必要とする1本を選ぶことができます。
包丁は用途によって異なる形状をしており、それぞれに必要なものを選択することで調理がしやすくなります。
そのため、料理にこだわりたいと考えている方は、用途ごとに複数種類を用意しておくのがおすすめです。
あまり料理をしない方は、最低限万能包丁を購入しておけば良いです。
もちろんこれは通販サイトでも取り扱いがあります。
大抵の家庭用として使われているタイプはこのタイプです。
メーカーによって特徴が変わる要素もあるので、購入時にはメーカーごとの特色や評価なども調べておくと良いです。
特にクチコミはリアルな利用体験を知ることができるので、大いに役立ちます。
道具類は使ってみないと分かりませんが、クチコミを使えば購入前にある程度の予想をすることが可能であり、何も検討しないで買うよりも失敗しません。

包丁に関する情報サイト
初心者におすすめの包丁

こちらのサイトは、現在料理を始めたいと考えている人向けの有益な情報をご紹介しています。調理するときに欠かせない道具は色々なものがあるけれども、食材を切り分けるなどで欠かせない存在が包丁です。最近は、100円均一のお店などでも買うことができるのですが、切れ味にこだわりたい人や長く使い続けたいなどの場合は本格的な道具が最適です。ここでは、選び方のコツや初心者におすすめの種類や切れ味が悪くなったときのお手入れの方法やグッズなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search